記事一覧

Ver.01

今の時点でのファイルを一旦アップロードします。

ドラキュラマント_Ver.0.1

中に含まれるのは
「M3のマント着用基本ポーズ」、「マント」、「リボン」です。

・M3のヌードボディに対して製作している為、サイズが小さいかも。
・丈は現在、地面までしかありません。
・ローポリゴンなので、シミュレーション後、生地がカクカクしてます。
・リボンは後付けして下さい。


私がシミュレーションをかけた時には、
・マントの襟には「強制グループ」を設定しました。
・「その他の布衝突オプション」で、「布ポリゴンに対するオブジェクト
ポリゴン」にもチェックを入れました。

まだ、使い物には成らない事を御確認下さい。あ、マテリアルはお好みで
設定して下さいね。

早くも暗礁に乗り上げています。

ファイル 10-1.jpg

DVD作成、完了しました。

バレエのトゥシューズを作っていた時に、ドラキュラマントの実験を兼ねて、
ポリゴンに厚みを持たせ、裏表で違うマテリアルを割り当てたのですが、
DCシミュレーションをかけると、なんと裏が表に(表が裏に)突き抜けるのです!

今、「そんなバカな?じゃあどうすれば黒と赤の2色を使えるの?」と、
ちょっと困ったちゃん状態です。

ドラキュラマントプロジェクト

ファイル 8-2.jpg
こぶ茶様、
「ドラキュラマント」ですが、Googleのイメージ検索で大体の形は判りました。

細かな所で判らないのは、
襟はこんなに大きいのか?という事と、
裾はこんなに長いのか?という事です。
着るには紐を首の所で喋々結びするのですね。

参考にするのに、レンダロでCAPEやCLOAKで検索すると、幾つかヒット
しました。

コンフォームクロスでは、用意されたモーフにフィギュアを合わせないと
ダメな様です。
(使い手の要望に全て応えるモーフは、到底用意出来ないですからね。)
まあ初めから私にはコンフォームクロスは作れませんが。

DCなら私程度のスキルでも簡単です(ポリゴンの切り方の上手い下手は
別として)。シミュレーションで工夫をすれば、大抵のポーズには追従する
と思います。

ただ、問題があります。
そもそもDCをこぶ茶様がお使いになられるかです。

あと、裏表で色が違う事です。(これはちょっと大変そうです。「レンダ後
レタッチで合成」前提では、あまりにつまらないです。
2枚重ねて端をくっつけるというのが実現出来たとしても、シミュレーション
時間は倍になってしまいますし。)

私自身が勉強になるので、このままゆっくりと作業は進めます。

ページ移動